病気に関することは占いで占ってもらえない。その理由

Pocket

どれだけ腕のいい占い師に頼んでも絶対に占ってもらえない相談内容というのがあります。
その代表的なものとしてまず挙げられるのが病気や人の生死に関することです。
こうした健康に関する悩みは大きなものから小さなものまで、多くの方が抱えているものだと思いますが、残念ながら占いの世界ではこれらの占いはタブーとされているものの一つとなります。
もしこうした内容を占って欲しいと占い師の元に行っても、お金を返されて断られてしまいます。

その理由としては、占い師は医者ではないため、病気のことをどうこう言う資格が無いためです。
例えば万が一占ってもらえたとしても、「占いではこうだった!」と思い込んでしまい、必要な治療を断るというような妨げにもなってしまう可能性があります。
そして実はそもそも病気について占う(診断する)ということは医師法に違反する行為、つまり法律でも禁止されていることなのです。

色んな病院で診てもらったけど原因不明の体調不良があるという場合など、ついつい「病院で駄目なら占いで視てもらうのでもいい」と思ってしまうかもしれません。
しかし占い師は医者ではないので病気の原因を診断することも出来ませんし、その体調不良を改善させてあげることもできないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする