まずはここから!初心者におすすめの占術

Pocket

今回は占いに興味を持って「自分も占いをしてみたい!」という初心者の方に、まず勉強するのにおすすめの占術をご紹介致します!

まず占いの数は50種類以上にも及びますが、大きく分類すると「命(めい)」「相(そう)」「卜(ぼく)」「霊(れい)」の4種類しかありません。
西洋占星術や四柱推命などは命、手相や風水などは「相」、タロットやダウジングなどは「卜」、霊感や霊視などは「霊」というように分類されています。

最初に身につけたいと思っている占術があればそれを優先して学んでいくのが一番ですが、どれがいいのか分からない、という場合は命の占術である「九星気学」から学んでいくのがおすすめです!

九星気学は他の占術よりも分かりやすく、占いのことが全くわからない初心者の方でもとっつきやすい占術となります。
判断材料も生まれた年と月の2つのみで他の占術よりもシンプルですし、それでいて意外にも占える内容の幅が広いのが特徴です。
また他の命の占術の基礎を効率的に学ぶのにも適した占術であるため、悩んだらまずは九星気学をチェックしてみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする